2017 . 08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 10
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和妻と手妻 
明日、2012年1月1日元旦の早朝、 
NHK総合 1CH 『新春日本の”お宝”大発掘!』に出演!
出番時間は8:20~11:54のどこか。


ここでは晃太郎は「和妻師」として紹介されるようです。

ついーとでもご指摘もらいましたが、「和妻」と「手妻」ってどう違うの?ということについて、このエントリではご説明しようかと。

まず、広辞苑 第六版(最新版)において、「手妻」という言葉は出てくるが「和妻」という言葉は出てこない。これは何を意味しているかというと、「世間一般では古典奇術というのは『和妻』でなく『手妻』である。」ということです。
和妻、という言葉は奇術界以外では文学にも芸能史にも、とんと出てこない。「和妻」というのは「ゾンビボール」や「カードマニュピレーション」と同じレベルの、奇術用語です。(和妻という言葉が発生したのは明治頃と言われておりますが、河合勝先生がどれほど遡っても「和妻」をタイトルに冠する書物は昭和まで待たなければ出てこない、とのこと。実際、明治期には「和洋てじな」「和洋手品」を冠するタネ本は多く出ていますが、古典のものは手妻と表記され、まだ和妻・洋妻の呼び分けはされていません)


で、奇術界の中でその和妻がどう使われているかというと、「和風マジック全般」を指すものとなっています。西洋のマジックの技法を使い、西洋のマジックの道具を和風に装飾して、和服っぽいものを着て演じさえすれば「和妻」。この風潮を苦々しく思う方が仮にいたとしても、現実的に
・奇術界でしか「和妻」が使われていない
・「和妻」を演じる多くのマジシャンは和の芸を習得していない
・「和妻」を演じる多くのマジシャンは伝統奇術の魅力と特徴を理解していない
・「和妻」から外れたトンデモ和妻があっても誰もおかしいと声を上げない
という事実があります。

和妻は希少、和妻の継承者がほとんどいない、と言われていながら、現実に「和妻」で検索すると、それを得意演目にしているマジシャンは石を投げれば当たるほどいます。皆さん、演技のレパートリーとして、やってるんです。「こないだは洋装でやりましたが、和装でもできるんですよ。衣装が豪華でかっこいいでしょう?」と。あと大抵は傘をぽんぽんたくさん出す演技やってますが。。。あれ古典奇術としては存在していないものです。「千本傘」「江戸道中浮かれの傘」などは、さらしの中からの出現であって、傘をカバーに次々に傘を出すのは西洋のパラソルの演技の系譜です。


この「和妻」。実は文化庁から「保護を講ずべき無形文化財」として指定されています。奇術協会が昔申請して、勝ち取った功績です。しかしこれは、ちょっと頭の痛い問題で、保護を講ずべき、とうたいながら、雨後の筍のように演技演目が増え続け、どこまでが和妻なのかが誰にも決められずさっぱり枠組みがわからない。

そして、和妻をやるマジシャンは多かれど、「和妻のみを専門にやる、職業的和妻師」は壊滅的にいません。
これが和妻の実情です。


さて、晃太郎は「手妻師」という肩書きを好んで使用しています。もちろん差別化の意図があり、「我々一門がやっているのは古典の色を濃く残してやっていますよ」「洋風のマジックを一切やらず、手妻のみのエキスパートですよ」という意味でつけています………が、これは、「和妻やってるやつはニセモノwww 俺ホンモノwwww」って意味じゃないんですよ。

和妻は和妻で、とてもいいものだと思ってます。自由闊達な発想で進化させていき、観客が見て「楽しい」「不思議」というのを重視している。よさこいのようなもんです。あれを古典芸能と分類はできないかもしれないけど、特に若い層がやりたがり、躍動感と勢いがあるってのはいいことです。


しかし、日本の古典の奇術が有していた魅力の中には、今をもっても世界に例のない先進性があります。その辺を大事に残しつつ、かつ現代の方が楽しめる形でプレゼンテーションするのが、手妻師としての役割。それは、古典奇術を継承発展させている一門にしかできない仕事なのです。

例えば、僕もでっかい輪にのって廻ったりします。あれは、cirque-eloizeにて、2002年からDaniel Cyrがアクトを始めたものだから、全く古典奇術じゃない。トンデモ和妻です。ではなぜあれを取り入れたかというと、金輪の芸は「見立ての芸」であったからです。大きい輪の中で、自分自身を見立てに使う、という古典奇術の持っていた精神性を残して取り入れたのが金輪舞、という芸なのです。

「見立て」は手妻の最大の魅力です。その他、「口上の魅力」「所作仕種の魅力」「からかいの魅力」など、枚挙に暇がありません。


古典奇術を立脚しているかどうかは、自分がどんな看板を出しているかどうか、じゃないです。周囲のお客様、仲間がどんな層か、です。公演をやったときに、どのくらい和服をお召しになったお客様が見えているか。出演するゲストがマジックの仲間なのか、伝統芸の仲間なのか。借り物の和妻をやっていては、舞踊の会でのゲストなどに呼ばれることはないです。着こなし、足運びが変に思われちゃいますので。
ニセモノ・ホンモノ、という言葉は使いたくないですが、「俺が古典奇術師だ!俺が古典奇術だ!」って言う方が希少だってのは、和妻をやるマジシャンのお客様、仕事現場、仲間を見れば一目瞭然。


「和妻」の方が包括範囲が広い。手妻は和妻の中に含まれながら、より古典奇術の色合いを濃厚に残している。だから晃太郎の肩書きは「手妻師」で、屋号は「和妻関連、なんでもひと通り致します」ということで「和妻悉皆屋」とつけているのです。プロの手妻師が、和妻をやるのです。


---------------

さて和妻と手妻の話はここでおしまい。
番組を控えてますので、ちょっとだけ見立てに踏み込んだ話を。


ここ近年、「見立て」について自分の中で考察が深まってます。
西洋的な見立ての表現は直截的で断定的。日本の見立ての魅力は多義的で多様的だと言うのが、晃太郎の持論です。
これは、師匠とも異なっていることかと。

chou_left.jpg

この蝶の形。これを、西洋の考えで蝶に見立てるとすると、「色をカラフルにする」「羽を4枚にする」「触角をつける」など。より蝶を蝶にするんじゃないかな。
晃太郎は、これをしたくありません。なぜなら、この蝶の形がプリミティブであるほど、単純であるほど、「その人の中にある蝶」になるからです。

前者はイメージを強いていることになる。アゲハチョウの形にしてしまえば、アゲハチョウにしか見えず、モンシロチョウにしてしまってはモンシロチョウにしか見えない。でも、見る観客によって知っている蝶、馴染みのある蝶は多様なはず。手妻師は蝶の特徴の最大公約数、蝶に見え得る極力シンプルな形で見せる。舞台の上には、お客様の思い描いた蝶が顕れることになります。

見立ての芸ではイメージを押し付けることより、お客さまの心の中にあるものを映し出すのが肝要なのでは。

それと、一門の芸でありながら、師匠とは違うアプローチをしているのを、このブログで予習して頂きましょうw

それは、「牡丹の扇子の使い方」です。師匠と異なるのは、
・表に開いた牡丹、裏に閉じた牡丹が描かれている
・千羽蝶では、霞の扇子でなく、牡丹の扇子で扇いでいる
点です。

牡丹が閉じていれば蝶は誘われない

閉じた牡丹は死の暗示

開いた牡丹は生の暗示

そして牡丹の花の上で舞う型こそ、蝶の型


NHKでの演技時間は3分と短いけれど、魅力に触れてもらうことはできるんじゃないかな。


\面白いと思った方、ぜひ生で呼んで下さい!/

大震災と芸人 
東日本大震災から1週間が経ちました。

震災で被害に遭われた方、避難している方、原発に対応している職員皆様、負けないで!
日本中が、世界中が応援してくれています。いま大地震のあった神戸では誰もが笑って日々を過ごしてる。苦しいかもしれませんが、すぐにそうなりますよ!


芸能関係では直近の興行が軒並みキャンセルとなり、芸人・芸能業者ともに、今は「全面自粛」という方向です。

残念ながら、晃太郎が出演する予定でした『ベストマジシャンズフェスティバルin名古屋』も公演そのものが中止、となってしまいました。

楽しみにしていたお客様、大変申し訳ありません。


ブログエントリ「泣いている人間の涙を拭くハンカチのような野球

民主党の原口議員の発言--阪神淡路大震災を自らも被災し復興を指導された方がこうおっしゃいました。『他の地域の方々が行事など自粛される配慮は、嬉しいけど…。もっと嬉しいのは経済を盛んにしてくれること。日本全体から賑わいが失われれば経済が弱くなり復興も遅くなります。』


晃太郎も少ないながら、できる範囲での寄付活動を行っています。でももし、キャンセルになったいくつかの仕事が成立していれば、もっと寄付できたと思います。自分個人もできましたし、イベントに来るお客様に募ればもっと集められたかもしれない。


単なる追従で活動を小さくしていくのではなく、抑えるところは抑えつつも、「自分の領分でできる支援」を考えている次第。
舞台芸の未来2 
舞台芸の未来の続きっぽいエントリです。


過日、ニコニコ大会議に出演してきました。
3000人を越える満席のお客様の中で、大音量・生の邦楽演奏で気持ち良く手品見せてきました。
JCB01.jpg

共演者にも、プロの技術を持ったチェーンソーアーティスト、ジェイソンさんなどもいらしていて面白い交流が。
JCB02.jpg

邦楽は、NHKでもご一緒させて頂いた杵家七三社中みなさま。
JCB03.jpg


2日間あったイベントで初日を担当。たしかリアルタイムで見ていた方々は15万人ほど。
→今でも有料で番組は見られます。


ニコニコミュージカルを見て以来、マジック界含む舞台の世界はこちらの方向にシフトして行くだろう、という確信を持っています。

今はニコニコ主催以外では成功しえないとは思いますが、今後はどうなっていくかというと、
1. 演者も裏方もこれまで通りの舞台を作る。
2. そこにカメラオペレーターの方とカメラを3台ほど雇う。
3. 配信サイト(ニコニコ動画など)にサーバ管理・出納管理費用を払う。

この2.と3.が通常より多く掛かる費用になるので、ネット配信による収益が上回った時に転換期が起きる。

プロを雇用せず、機材費移動費ケータリング込みで1人30,000円で雇うとして12万円、サーバ管理費はなんとも云えないが仮に2年保持で8万円程度のサービスだとしよう。

ネットチケット1,000円だとすると、有料視聴が200人でペイできることになる。
先のミュージカルの例では無料視聴と有料視聴の比率は0.005%だったので、40,000人の無料視聴が集まるほどのコンテンツが作れれば実施可能、と。


有料配信が文化として定着するならサーバ管理費が下がり、有料比率も変わり、ネットで動画を見る総数が増えるだろうから、0.01%頃に上がってきたら実現するんじゃないかな。
根拠薄い試算だけど、演者たちのチャンネルで合計20,000人くらい集められれば実現できると思う。


コチラ、先週の放送で、明日まではプレミアム会員なら視聴できます。
蝉丸Pのお力で、だいたい3,000人くらいでしょうか。(…蝉丸さんクラスばっかで演者固めないといけないとかorz)
参考まで。


さて、そのような時代に向けて、今何をしておくべきか。
晃太郎は大事なことは2つだと思っています。

①ネット親和性を高めておく
ネットでの露出、ネットでの発言権を強めておく。有り体に言ってネット上の人気者になっておくことです。
「舞台をネットで放送します」という発言そのものが宣伝として知れ渡り集客につながる。元々持っているチャンネルを通じて集客できなければならない。

②演技BGMを著作権フリーの音楽に換装していく
ニコニコ大会議のとき、最も問題になったのはBGMです。今、多くのマジシャンやジャグラーが行っている、既存曲をBGMに使った演技は無料配信の限りは問題ありませんが、有料配信の際に大きな問題になってきます。そしてそのことに気付いてから変更しようにも、演技と音楽の結びつきの強さから軽々に変えることはできません。


常から、僕は道具も衣裳も特注であるべき、と発言しておりますが、音楽も特注にしていくことが大事であること、身をもって実感した次第。

特に、DTMの敷居は昔より大きく下がり、素晴らしい曲が作れる方は周りに沢山います。また、自宅での録音(宅録)でも非常にきれいな音がとれるようになっています。今ならオリジナル曲というのはそう難しくないはず。演技ができているなら、ぴったりのモノをはめてもらうこともできるでしょう。


できる所から順に進めていこうと考えています。オワタPとなんかやる!



おしまいに神々しい一枚をw
JCB04.jpg
入江田翔太ライブ「本の森」お誘い 
入江田翔太くん、というクロースアップマジシャンがいます。

神戸、東京、名古屋で自身のライブを計画し、内容も大変意欲的。
東京公演は是非観に行こうと思います。

2010.jpg

9月19日(日)PM1:30開場 PM2:00開演
チケット:\2,000(学生\1,000-、18歳以下(高校生以下)無料)
会場:有明・ファッションタウンビル 9F(9E会議室)

りんかい線「国際展示場駅」(下車徒歩約5分)
ゆりかもめ「国際展示場正門駅」 (下車徒歩約1分)


彼とは、S.A.Mコンベンション、JCMA、FISMなどでご一緒し、特に『黄金町バザール』では共演として色々とご相談に乗って頂いた仲。

晃太郎は、友人の堀内大助くんなど自分で自分の表現の場を開拓している方を尊敬しています。


マジシャンが、マジックを羅列するだけの『発表会』でなく、何かメッセージを伝える『ショー』を作るというのは非常に大事だと思います。

それは、文化人の仕事です。

どの芸能芸術も、格の高い仕事をなさっている方は、その方自身の言葉で語るものを持っている。そういうものを発する場を自分で作っている。偉い。
こういう活動を長く続けることで、上っ面だけの芸でなく、深めていけるのだろう。


と、いう訳でもしご興味ありましたら、ご一緒しましょう。
12:00に国際展示場正門で集まって、加賀屋 東京有明店でお食事して、ショーの鑑賞と参りましょう。

ご希望の方は、連絡先のメールと携帯番号添えてメールください。
お時間ありましたらひとつ。
お客とつながる 
マジックの「ミスディレクション」は、言葉自体有名なのでご存じの方は多いかと。

マジックの世界としての統一された定義はなく、ぼんやりと「観客の注意をそらすこと」くらいに解説されている場合が多いですね。

こちら、1998年に書かれたエントリですが結構詳しく書かれております。
マジェイアのカフェ「手は目よりも早く動きません

つまり、どこかに注意を向けさせることで他への注意力を奪う、ということです。注意を向けさせるために、マジシャンはどこか特定の所に強く注意を向けます。向ける演技を真剣にします。


「観客はマジシャンが注目しているほうに注目する」というのはマジック的な視点で書かれていますが、これは実はトリックの技法に留まらず、芸の本質に関わることです。


タネ仕掛けにばかり執着するマジシャンは、タネ仕掛けでしかお客様とつながれない。
ただ相手の意表を突いて驚かそうとするマジシャンは、繰り返し見られて結果が知られてしまうことで、客の気持ちが離れていってしまう。マジシャンがどこを見ながら演じているかは、観客にはしっかり伝わっています。


逆の例としてTVで成功しているマジシャンを考えると、この辺りのさじ加減が絶妙であることが判ります。


Mr.マリックさんやプリンセス・テンコーさんなどは、「観客が期待する理想のマジシャン像」をきちんと体現しています。
マギー一門やナポレオンズさんなどは、観客のムキに見破ってやろうという意気込みをひらっと躱して「もっと肩の力抜いてよ、マジックなんて大したもんじゃあない」といって、お客様に勝ちを譲っています


どちらも実に的確にお客様の欲するとことを汲み取っています。そうした「今目の前にいるお客様方とつながろう」という姿勢を持ち続けているから、目の厳しいTV業界で成功できたのでしょう。


本日、夜22時からテレビ東京「たけしのニッポンのミカタ」で晃太郎取り上げられます。

「若手の伝統芸能継承者が、ネットを使って面白い活動をしています」みたいな感じになると思いますが、僕にとって、ブログであれついったーであれニコニコ動画であれ、どれもマニアックな手品の話題を展開する場でなく、「芸人・藤山晃太郎とつながる場」として大事にしております。それが伝わるような放送内容だといいなあ。


TVの中に映る自分が、どういった目線で観客を見ているか、ひとつお客になって確かめてみたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。