2017 . 03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 05
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞台芸の未来 
新年明けましておめでとうございました!
最近、日々のよしなしごとはtwitterに頼っているので、どうも纏める機会を逸しているような。今っくらいの更新ペースが肌に合ってるような気がしてきております。

さて、それなりに忙しい年初をすごしつつ、大変面白い物を見ました。

ニコニコミュージカル「ニコニコ東方見聞録」 です。

これはニコニコ動画の人気歌い手が演じるミュージカルシリーズの第2弾で、昨年12月から始まった新しい試みです。
リアルな舞台のチケット販売をしつつ、生放送での動画配信もします。動画は無料で見られますが、肝心の歌のパートなど要所要所が見られない。全部見るためにはネットチケットを購入しないといけない。また、特定のタレントへのファンシートもあり、出演者との絡みができる特典がつく、といった感じです。

リアルチケット 3,500円
ネットチケット 1,000円
ファンシート 1,500円


率直に言って、単にミュージカル・舞台芸として見たときに、そうレベルの高いものではなかったと思います(ゴメンネw)
しかし、その集客力、盛り上がり、経済効果の高さどれをとっても一級品であると感じました。本当にすごかったです。

会場は渋谷のスペース・ゼロ。
キャパ450席の7回公演で、2,595人の動員。
ネットチケットは4,460枚販売。
有料・無料合わせた視聴者数はおおよそ50万再生。(公演終了日当時)

(数字根拠はガジェット通信の当該記事より)

広告収入・物販など含めず純粋な入場料収入で1,300万円以上の売上げ、そしてなにより、このミュージカルをチラッとでも見た方の数は、50万人以上です。

舞台人の方には、これがどれほどのものかご想像頂けるでしょうか。

例えば、社団法人日本奇術協会の一年で一番大きい、一番実力あるマジシャンが集まる公演「ベストマジシャンズフェスティバル」で、キャパ440席、入場料4,000円、2日公演7割入ったとして、売上げ246万円616人のお客様に内容を見て頂けた、ということになります。

奇術協会が頑張っていない、という意味じゃないですよ。ニコニコミュージカルが規格外すぎるんです。


晃太郎が、舞台の未来を感じている理由は主に4つです。

1. 舞台への誘引
 素晴らしい舞台芸があっても、見るまでその魅力は判らない、見るのに足を運ばないといけない、そして見るのにお金が掛かる。映像で見るものはどれも生の舞台より数段落ちますが、映像配信であれば、数万・数十万のお客様に「見て頂く」ことができます。
 まず見て頂き、知って頂き、その上で足を運んで頂くことができる。

2. 舞台キャパを越えた動員
 舞台は大きくすれば見えづらく、小さくするば回数を打たなければならない。キャパを越えた冒険ができません。しかし、映像配信を通すと、物理的な客席数に捕らわれない入場料収入が見込めます。事実、先の例でリアル:ネットの入場料収入比は、2:1、約3分の1はネット視聴の収入となっており、決して少ない数字ではありません。(ただしこれはネットで人気のあるタレントを使用しなければ成立しにくいです)

3. 宣伝広告に掛ける費用の最小化
 別途番組を作ったり、多大な宣伝費用を掛ける必要がありません。配信費用とサーバ&視聴環境の維持費用だけです。あとは本芸たる舞台芸を披露すればその活動自体が広告となり、結果として演者・裏方に掛かる余計な負担が軽減されます。

4. コンテンツの再生産性
 動画は残るものです。後からも再生数は増え、有料で視聴する人も増えます。後の活動からそのジャンルに関心を持った方が過去に遡って公演を見るケースも出てくる、ということです。今この瞬間の訴求効果が少ないとしても、公演を打つごとにそれが将来の収入源になってきます。現在でもDVD販売、という形で実施されていますが、そのDVDが売られていることを知るにも、内容をちらっと見るにも、購入するにも、劇場に足を運ばないといけないというケースが多々あります。
 このハードルを著しく下げることができます。


 なにより、ニコニコ動画は「ユーザが有料コンテンツに対してお金を掛けること」の敷居を下げているのが素晴らしい。ニコニコポイント、という1ポイント1円換算で貯蓄しておいたものを、様々な用途に使える。常にそれで支払いをしているため、煩わしい決済がありません。「無料のコンテンツと1円のコンテンツの間には大きな隔たりがあるが、1円のコンテンツと100円のコンテンツにそう違いはない」ということ、よくご存じかと思います。

 サービスとしてのインフラ、ユーザの精神的な土壌が形成されているためこのような事例は成り立っています。そしてこの活動はますます加速されるでしょう。


舞台に関わる方、これは無視できない非常に大きな転換だと思います。興味を持って頂けたら、機会あれば『ネットで放送される舞台』を見て頂きたい。


……ちょうど、藤山晃太郎が出るニコニコ公式コンテンツがあります! わあ!タイミングがいい!

2/4(金) ニコニコ大会議凸

藤山晃太郎、手妻の本芸で出ますよ!なんと邦楽生演奏でございます。見てね!
JCBホール、3000人超の大劇場です。腕がなりますね~


それから、今日・明日は横浜にぎわい座でJAZZ寄席2/6(日)、2/7(月)ベストマジシャンズフェスティバルです。どうぞこちらもよろしくお願いします。

お申込済みの方、チケット発送は……今週です!


あと告知まだでしたが、ベストマジシャンズフェスティバル名古屋公演も決まりました!3/25(金)です。

劇場で会いましょう!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tezumashi.blog42.fc2.com/tb.php/95-c8ced917

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。