2017 . 10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 12
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレ東「ニッポンのミカタ」出ます(5/21) 
先日、「ネットぶいぶい使ってる若手の伝統芸能継承者」を探しているとのことで、TV取材を受けました。

ひっそりNHKのシャキーンに出たりなどしてましたが、ちゃんと「手妻師の藤山晃太郎さんです」という感じでご紹介頂けるのは久しぶり。大変嬉しい機会です。


5/21(金)22時テレビ東京 「ニッポンのミカタ

お暇がありましたら、是非に。


一度収録を終えたあとに、追加で「15秒の演技映像が欲しい」という依頼を頂きました。
ここでセイロの手順などをやったわけですが、この演技が大変なショックでして…。

なにしろ15秒ですから、馴れた手順で空の箱を改め、中から紅白の絹を出し、絹を筒の中を通すと花に変わる、しかできませんでした。
それだけ。いつも通りです。


…いつも通りですよ?ただし、いつもは3分30秒かけてやってましたがw


手妻の醍醐味として、「不思議の結果でなく、過程にある型の美しさを見せる」「見立てを見せる」というのがありますので、そこをすっ飛ばしては成り立たなくなってしまいます。

しかしそうはいっても、TVが求める無駄の無い、わかり易い現象、ということからすると、実に僕の3分半は15秒の内容だったんだなあ、と少なからず動揺してしまいました orz



特にセイロのような万倍芸、というのは、不思議さよりも華やかさや物量などで舞台がぱっと華やぐようでないと「万倍」の芸になりませんね。厳しい視聴者の目に晒されている業界と接点があったからこそ気づけたことだと、二重にありがたがっております。


TVの影響でお仕事増えるといいなあ!w
でもそれよりなにより、「手妻」「和妻」ってものがあるってことをもっとお茶の間の皆さんに知ってもらいたいものです。そして生の舞台に是非来て欲しい!
スポンサーサイト
 
ご出演おめでとうございます。
放送楽しみにしていますね。
 
出演おめでとうございます。

あと、とうとう吹っ切れましたねww
 
おめでとうございます。楽しみにしています!蛇足ですがGWに君津に行きました。よいところですね♪
 
ぼーっとテレビを見ていましたら、一瞬(1秒くらい?)映ったの来ましたw
番組楽しみにしてます

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tezumashi.blog42.fc2.com/tb.php/77-3a65ea16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。