2017 . 10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 12
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コラボレーションの魅力 
 8/29、30の横浜にぎわい座での公演は、JAZZと和妻のコラボレーション、というコンセプトでした。これは、JAZZを初めて日本に持ってきたのが、大変に有名な和妻師であった松旭斎天勝であり、自身の演技のBGMにJAZZバンドを入れて公演を行ったことに因んでおります。

 生演奏ならではの魅力で、晃太郎は自分の思いのまま、たっぷり時間をかけたりお客様の反応を待ったりしつつ、曲の方が合わせてくれて、非常に面白い舞台になったと思います。ご来場頂いた皆様、どうもありがとうございました!!

 この公演に間に合わせる形で、ついに11/23の自主公演のチラシが完成しました!!

 自分の初めての独演会、ということで、宣伝チラシは良いものを作りたいと切望していた所、非常に力のある絵師さんにご助力を頂くことができました。
描いて頂いたイラストはこちら!
晃太郎イラスト

 絵師さんは、うむさんです。(是非リンクから他のイラストもご覧下さい)
 うむさんの他の作品をご覧になれば判りますが、可愛らしいイラストから写実的なものまで幅広く描き分けられています。特にその色遣いの美しさは感激!!


 元々のご縁はVOCALOIDイベントです。初音ミクで有名なVOCALOIDの世界では、力のある絵師さん、楽師さん、動画師さん、調教師さん、果てはエンコ職人まで、その才能を惜しむことなく投資して次々に名作を生み出しています。ニコニコ動画は御三家と呼ばれる、東方、アイマス、ボカロ(VOCALOID)の3つが人気の上位を占めていますが、東方、アイマスは元の人気ゲームがあるため、受け身的なユーザも多くいるように思いますが、ボカロ界隈には発信側、アーティストな方の占める割合が高く、非常にレベルの高いコラボレーションが行われているように思います。

 では、そもそもこういうご縁はどうして作れたかというと、やはり自分が発信側に回って(物理的にも回ってw)みたのが良かったと思っているわけでして。「自分はこんな発信をしようと思うが、こんなスキル持ってる人いませんか」というのが肝要かと。
 度々当ブログでも言及させて頂いています蝉丸Pさんとのご縁も、自分が発信している側で、素性までバレッバレだったからこそお会いすることができたと思っています。

 Youtubeやニコニコ動画に限らず、UstreamやStickamやJustinなど、発信媒体の選択肢は非常に多くあります。度々申し上げるが、特にクロースアップの皆さんは、もっと活用されても宜しいのではと思う次第。


 今回はうむさんだけでなく、なんとにぎわい座公演にまでご助力を頂いてしまいました。写真撮影の櫻井貴流さん、ビデオ撮影のかえるボイラーさん、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。


 そうそう、実はホームページ関連でもご助力を頂いていたのでした。twitterの、自発言抽出スクリプトを組んで下さったのはB-SAKATUさんです。
こちらはまた後ほど。。。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tezumashi.blog42.fc2.com/tb.php/32-ac0d62f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。