2017 . 05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 07
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸の奇芸「おででこでん」横浜公演 
(公社)日本奇術協会と共催、意識高めの奇術公演を行います!
このエントリ、是非WEBでご覧下さい。

Magic of MAGIC EX.
江戸の奇芸『おででこでん』
8/31(土) 17:30開演 前売3,500円 全席指定
チケット発売開始は6/5(水)より
於・横浜にぎわい座


●先行申込み割引
オンライン先行申込み割引を4/10水 24時まで実施!
通常3,500円 → 3,200円に!

申込み方法:
info@wazuma.jp
に以下の様式のメールをお願いします。

件名: おででこでん先行申込み
本文: ・氏名 ・電話 ・郵便番号 ・住所 ・チケット枚数(大人、小人)


●内容のご紹介
1. 意識高めです
全編が生演奏の公演!(……最近ビックリされませんorz すごい事なのにw) 
品玉、あるいはお椀と玉と呼ばれる奇術があります。西洋ではCups&Ballsとも言われる定番もので、日本でも古い歴史を持っています。

その奇術がカラクリ人形として制作され、江戸初期に上方で大流行しました。この人形を遣う者が「おででこでん」または「オテテコテン」というおまじないを使っていたという記録が残っています。

馬を呑み込む『呑馬術』の名人、塩の長次郎も品玉の演技で「おででこでん」のおまじないを使っていました。

純国産の「アブラカダブラ」ともいえる不思議なおまじない。ところが奇術の世界でこのおまじないを使っている者、知っている者はいなくなってしまいました。当時の口上そのままに、「お椀と玉」の実演&復元された「品玉人形」の共演をやります!\意識高っ!/
 からくり人形工房 スタジオぎえもん「品玉人形」


2. 新規性高めです
只今「千本傘」「峰の桜」をマッシュアップして新手順作成中です。タイトルが「千本桜」になっちゃうよぉ>< また、江戸曲独楽師の三増紋右衛門さんと兄弟弟子の藤山大樹を、生演奏ぴったり演技でゲストにお招きしています。久々大きい舞台ですので、でっかい金輪も出す予定!お馴染み杵家七三社中との共演ですが、生演奏での金輪舞はまだ二度目なのです。
 三増紋衛門    藤山大樹


3. 物販高めです
ね、値段じゃないお! クオリティが高め!w

・私家版『機巧図彙』復刻
細川半蔵師が1796年(寛政8年)に著したカラクリ解説書の傑作。「茶運び人形」や「和時計」で有名な本著を和綴じ製本で復刻!奇術史的にもカラクリ史的にも非常に価値の高い著書の一つです。ひとつひとつ手作業で製本なので、数が充分揃えられないかもしれません。
 機巧図彙より「茶運び人形」

・手拭い『手妻尽し』
初めて手拭い作りましたー。日本橋で創業以来140年続いている名店「戸田屋商店」の職人による梨園染めです。柄の中にこっそり「手妻師」が隠れてます。牡丹と蝶の下に眠る猫は僕のトレードマーク。牡丹花下睡猫は日の光、つまり「晃」を表すのです。羽織とお揃い!
 手拭い「手妻尽し」 2,000円

・サークルTシャツ
和物創作活動の同人サークル、和妻悉皆屋を始めました。そこでサークルTシャツを作ろうという案が…遂に実現!みんなお揃いで\ど屋っ!!/

  \ど屋っ!/Tシャツ 2,500円


●某動画の聖地にて


「桜木町」駅から徒歩3分の横浜にぎわい座は、某和楽器演奏のロケ地です。緞帳にご注目を。内装は芝居小屋さながらなのに、バリアフリー作りで親子席もある、風情と快適さを揃えた劇場です。桟敷席に並んだ演奏家の奏でる生音に、きっと驚かされることでしょう!



今年は晃太郎の自主公演はありませんので、関東ではこちらが目玉公演となります。全力で面白いものを作りますので、是非足をお運び下さい。最高の時間を約束します!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tezumashi.blog42.fc2.com/tb.php/136-41cf4416

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。