2017 . 07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 09
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質疑応答: 動画文化について 
前エントリの補足です。
ご質問頂いたものを、こちらにて回答していきます。
時間経っても、極力回答しようと思います。

●mechant loup ‏@windyne さん
@tezumashi 離脱後に言うなですが、「日本人の投げ銭(価値を判断する事)に対する考察」について、昨日メモしきれなかったので、もう一度教えていただけると幸いです。 2012年12月27日 - 15:29

○回答
途上国の露天などでは「いくらで売れそうか」「旅行客ならいくらまで出しそうか」で逆算して値段をつけていることが散見される一方、日本の商品の多くは「原価+一定の利益」で非常に良心的に価格づけされています。購入者は無意識に「高ければいいもの」のような感覚を持ち、自分で対象の価値を査定する習慣を持たないように思います。

WEB上で投げ銭をするにしても、無制限で自由に投げ銭させるより、「この番組は○○円の寄付を頂けると幸いです」「それに対し、この価値のものをお返しします」と価格づけした方がフェアに見えて安全と考えます。寄付額が過剰になると炎上につながりやすくなりそうで怖い。同じ額いただいて同じサービスをお返しするという形式の方がいいのではと考えてます。



●いずみん ‏@keisuke_izumi さん
@tezumashi DVDやデータでの映像販売も今や容易で、メリットに関しても挙げられた舞台配信とほとんど遜色ないと思いますが、パフォーマンスビジネスの観点からどのようにお考えでしょうか 2012年12月28日 - 18:50

○回答
仰る通りです。有料配信において「お試しで多くの方にご視聴頂ける」というメリットが薄いのであれば、データ販売と有料配信はモデルとして大きな差異は無いと思います。しかし、WEB上のデータを購入しよう、という熱烈なファンの獲得がWEB上でできないのは構造に問題があります。コミュニティを持つ動画文化の延長で実売に至れる点で、データ販売にくらべ配信はアドバンテージがあります。
一方DVDについては、高品質な映像を「手元に残せる」ので、需要自体がちょっと違うと思います。安価な配信と高価なDVDは共存可能と考えます。

ご質問を頂いたおかげで自分なりに整理できたのですが、要点は
 ・多くのお客様が商品を買うのは「買いたいときに商品がありお金を容易に払える」とき。
 ・興行の映像を買いたくなるのは興行を目にしたとき、つまり公演後。
 ・舞台に来た方が買うだけなら、販売数≦来場者数となる。
 ・PCで公演を多くの方に見てもらい、PCの操作で簡易に払える状況があることが望ましい。
ということです。

晃太郎は、「舞台配信をネットで見る」という視聴層が予想以上に多かったことに期待しています。数万人・数十万人が見てくれる、というのはチラシを配って興行をやり足を運んでもらうだけでは至らない数字だと思います。ネットで見てくれた方が購買に至ってくれることを期待しています。



●DVDと配信の比較
DVD販売は配信と比べ、在庫を抱えるリスクと製作コストの高さ、および単価の高さが特徴としてあります。
試みに、DVD販売と配信を比較してみましょう。

まずDVDの製作について。DVD品質の高画質カメラを複数台入れ、編集・オーサリング・ジャケットデザインまでして、おおざっぱに250,000円。
トールケースで1,000枚プレスして100,000円。これを1,000円で販売し、販売手数料10%を引くとします。

最大利益は55万円、最大赤字は35万円、損益分岐購入数は389。

DVD販売はamazon価格で四季で1,000円、シルク・ドゥ・ソレイユで2,000円くらいなので、妥当とは思いますが、強気に行くなら2,000円の販売もありかと思います。ファンなら買います。その場合、

最大利益は145万円、最大赤字は35万円、損益分岐購入数は195。

次に配信について。最小構成で100,000円で配信。500円で販売して、利益は50%とします。

最大利益は青天井、最大赤字は10万円、損益分岐購入数は400。


こうして見ると、2,000円の公演DVDを200人に売れると見込めるならDVD作った方が良さそうですね。晃太郎は悲しいかな、実力不足だと思いますw 自信ないっすw
配信の500円×400人、というのも難しいことが最近判りました。2011年に感じたのは、「4,000人来て400人購入してくれたのなら、10,000人呼べば1,000人買ってくれるんじゃないか?」という所でしたが、とんでもないw 世の中ままなりませんw

ただね、公演と活動を大勢の方が見てくれる・知ってくれる、というのが大きいのですよ。それこそが次の活動につながる。「大勢に見せるために余計にかけた配信費用を捻出する」ことができれば、見てもらえた分だけ丸儲けです。

公演に来てくれた方が公演DVDを買って帰る、だけでは裾野が広がらない。裾野を広げ、ファンを増やし、あわよくば収入も増やす。そのために配信が有効だ、という意見は変わりありませぬ!

…でも利益率はDVDいいなぁ…(´・ω・`)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tezumashi.blog42.fc2.com/tb.php/129-7295f379

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。