2017 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 11
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代に生きる古典芸能 
よく手妻を「古典芸能です」というニュアンスでご紹介することはありますが、実は日本において「古典芸能」というのはもうちょっと縛りがキツいものです。国から「これは古典芸能である」と認められたものであり、基本的に形を変えないことが重要となっていて、その点では手妻(和妻)は国による分類では「古典芸能」ではなく「大衆芸能」にあたります。


晃太郎にとっては、変える余地があることは大変重要なことですので、やっている芸能が大衆芸能であったことは幸いです。生きた芸というのは、苛烈な競争に晒され、お客様の喝采に育まれ、常に磨き続けなければ輝きが失われるものだからです。


ただ形を変えることだけが重要なのではありません。多くの場合、見た様だけを変えてしまうと改悪となり、軽薄なものになります。根底にある思想性や古典の持つ魅力・エッセンスを抽出し、煮詰めて濾して、無駄を無くしてぎゅっと凝縮させる。時代の移ろいによりあらゆる芸能は洗練されており、古くから続くものが現代の多くのエンターテイメント、映画やドラマや演劇などと競うには、変えるべき所と変えてはいけないところを見定める眼力が必要となります。


さて本日、こんな動画を投稿しました。



杵家七三先生の邦楽演奏シリーズの新作『綾吊メドレヰ』で、今度は江戸糸あやつり人形上條充さんをお招きして、音色に加え見た目にも楽しめる演奏動画となっています。獅子・牡丹・蝶というのは決まりものですので、晃太郎もチョイ役として出演させて頂くことにしました。これは、楽曲アレンジの福嶋頼秀さんのアイデアを頂いて、のことです。


大変失礼ながら、上條さんの従来の演技に口出しさせて頂き、おいしい所・見栄えのする箇所を集めての構成となっています。本当の見応えは、情緒ある人形の仕草であり、今回の作品のみでは伝わりきらない所もあるのですが……。いや、まずは皆様に知って頂きたく。初めて見た方が、ぱっと関心を持って頂け、楽しめる構成とさせて頂きました。


晃太郎は、大衆の認知度を最重要視します。まず知られること。まず楽しんでもらうこと。それを満たした先で、芸能の奥行きや意味を語るべきで、これが前後しては誰の目にも留まりません。誰の目にも留まらなければ、パトロンもつかず、支援ももらえず、弟子も入らず、芸人の生活が成り立たない。その芸能はいずれ消えてしまうでしょう。どれだけ価値があっても。


動画で知ってもらい、できれば生舞台に足を運んで頂き、西洋のマリオネットにない魅力を堪能して頂きたいところです。

来 月 に い い の が あ り ま す の で ☆



さて、関連して、先週このような単行本が発売されました。
和妻師・一蝶 1 (ヤングジャンプコミックス)和妻師・一蝶 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/09/19)
藪野 続久

商品詳細を見る


集英社グランドジャンプで連載中の「和妻師・一蝶」の一巻です。なんと有難いことか、ついに和妻が漫画本で紹介される時代が来ました!

実は藪野先生からは、連載開始前に相談を受けており、昨年の自主公演にも足をお運び頂いているのです。いわゆる「和妻」というのは、ネットで検索をすれば判ります通り、演じ手は多くいらっしゃいます。しかし、古典芸能として演じているのはごくごく僅か。
晃太郎はご相談を受けたときに、どちらの和妻でお考えかお伺いしました。古典のものか、現代のものか。藪野先生が古典のものをお考えだったようですので、手持ちの資料と、どの書籍に何の情報があるかをお伝えし、数回はSkypeなどを利用して、道具のデザインや型をお見せするなど、微力ながら協力させて頂きました。ついに単行本化ということで、大変感慨深いものです。

時代考証をしっかりと、イラストつきでの解説ということで、「まず楽しめる」ことに加えて「日本に古典奇術が今でも残されている」ということを幅広い層に伝えてくれる、大変に意義ある漫画です。

是非こちらも書店でお手にとって頂くか、ポチって頂ければ幸甚。


動画も漫画も若い方が気軽に親しめる文化です。
まず楽しんで頂いて、関心を持って下さった方はもう少し奥座敷へどうぞ。
手妻(和妻)の世界は「楽しい」ものでございます!!

単行本に似顔絵を頂きました!!
thanks.jpg

藪野先生、こちらこそスペシャルオサンクス!!
スポンサーサイト
本日はお疲れさまです 
エヴァと悩んでこっちにして良かったですよww

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tezumashi.blog42.fc2.com/tb.php/123-7553efdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。