2017 . 05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 07
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤山晃太郎、手妻を卒業して普通のVRプロデューサーになります! 
藤山姓をお返しして、今後は安藤晃弘になります。これに伴い、サイト・ブログなどを順次閉鎖して参ります。


 親しい友人には既知のことと思われますが、私は2013年からOculus Riftというヴァーチャル・リアリティ(VR)ヘッドマウントディスプレイに魅せられて、2014年からいくつものコンテンツを発表し続け、大手アミューズメント施設にアトラクションなどを納品し、2015年12月には起業して株式会社ハシラスの代表取締役になるなど忙殺されている次第で、自主公演の主催などはしばらくできずにおりました。

 そんな折、わずか1日、メール2往復にて藤山姓をお返しするはこびとなりました。
これまで可愛がって頂いた芸能界の諸先輩方や、活動を応援下さっている方々には経緯のご報告をしておこうと思います。

 まず、そもそもの芸能に対する意欲の低下を自覚したのは、2014年の1月に一門の段位札を目にしたときです。
 2012年ころまでは、藤山流、といいつつも、名取の弟子は皆辞めており、師匠のお嬢さんである藤山すみれさんは全く芸能業から遠ざかっていて、弟弟子の大樹は名前を取っておらず、藤山は師匠と私の2人きりという状況でした。私は、藤山新太郎師匠が興した流派を自分の代で受け継ぎ、より大きく発展させようと、新しい手順の制作や全て生演奏の公演など多くの挑戦をしていました。
 仕事が少なく、生活は苦しくとも、自分が辞めると言ってしまっては未来に全く残らなくなってしまうのではと、真剣にこの芸能の将来を憂い、様々なアプローチでその認知度を高めていた頃でもあります。TVやSNSや動画投稿サイトを通じて、「手妻」という言葉(若干の補正があるもののw)を広めることには、大きな役割を果たしたと自負しています。

 藤山大樹の名取を控えた2013年初頭に、突然に師匠は「師範免許」という、弟子に師範免状を与えることで指導認可を与えるシステムを思いつき、それにより数十万円の出費を弟子に負担させることを提案してきました。私は、その当時すでに数名に指導は行っており、その提案を受ける金銭的な余裕もなかったため、「私は師範免許はとりません」と申しておりました。
 その後、2013年11月に藤山大樹の襲名披露があった際に、広島の池田政人さんという方も藤山仙寿の名前を取り、合わせて池田さんの生徒に当たる十数名にも藤山姓を配っておられました。

1108.jpg


 その後、一門の名札が入った道場に飾るような額を師匠は買ってきて、事務所に飾り、2014年の新年会などで来客に披露していたとのことです。私がそれを知るのは少し経ってからなのですが、その額の序列は、宗家・藤山新太郎、師範・藤山すみれ、師範・藤山大樹、師範・藤山仙寿、と並び、その次に私(肩書は忘れました)、それから聞いたこともない藤山某が続く、となっておりました。これについて、特段の事前の示し合わせや会合などはなく、ある日そのような状況になっていたのを目にしたという感じでした。
 この時、ああ、自分が守りたいと思っていた金看板はもう無いのだなぁ、と思ったのをよく覚えています。藤山流であることは誇らしいことと思っており、そのブランドをさらに輝くものにしようと思って続けていましたが、面識もない大勢が藤山を名乗り、実質芸能をやっていない方、お金を払って師範免許を持った方が自分より高位にいて、その様をもって「藤山流は安泰だ」というのであれば、気張って自分がこの流派を背負う必要はないな、と自分の気持ちに一区切りをつけたところでした。

 この頃からまるで自分の心を映すように、入れ替わりでVRの活動が非常に高い評価を受け始め、常設アトラクションとしての納品や有馬記念イベントでベルサール秋葉原で1週間の興業など、奇術の世界とは比べられないほどの規模になっていきました。最先端技術に触れ、超一流の経営者・開発者・アーティスト・ディレクターと肩を並べてのもの作りは、かつてない刺激的な体験で、益々VRに惹きこまれていきました。
 今は、サンシャイン60展望台のリニューアルオープンの目玉企画を手がけ、常設VRスタジオを都内に構えようとし、2016年前半の受注だけで5千万円を超える売上の活動となっており、日々新しいことを学び、挑戦を続けています。



 翻って、一門の様子を見るに、大樹くんは元々の素養もあり国際的な賞を獲り活動の幅を広げてはいますが、それ以外だれも発展的な活動ができていない状況です。芸能の世界で、停滞は後退と同義です。自分自身も、制作・稽古の時間の多くをVRに割いており、とても「本業は手妻師」と呼べない状況になりつつありました。

 そんな折、師匠から仕事の依頼があり、その流れで一門を離れることになりました。

 経緯としてはこうです。
・私の仮の仕事が入っている日程に対して、「出演分・後見分まとめて支払うから先に入っている仕事は切ってくれ」と師匠から依頼がありました。(もちろん断ることはできません)
・受けたあとになってから提示された金額は、1回の出演分に満たないわずかな額でした。
・その後に、さらに値下げと追加の演技の要望がありました。
・それに対し、「お請けさせて頂きますが、今は多忙を極めています。弟子であってもあまりぞんざいに扱わないでもらえないでしょうか」とお願いの連絡を入れる
・破門を言い渡される
…とまあ、15年ほどかけて深めたご縁がこんな形でご破産かー、と、師匠にとって自分がその程度であったなら、これもいい機会だなと、離れさせて頂くことにしました。
 おそらく、奇術界において私と師匠の不仲などは一度として噂されたことは無いでしょうし、事実定常的なトラブルは皆無の状態でしたが、なぜかこのような仕儀となりました。
ま、しょーがないっすね。

 以上は私の観点であり、師匠は……元師匠は、元師匠で何か思うところがあるのかもしれません。気になる方は、両方のご意見を伺ってみて下さいませ。


 私が弟子入りするにあたって、後見人になってくれたのは、『頭の体操』『レイトン教授』の多湖輝先生でした。藤山流を辞めるということは多湖先生に対してきちんと筋を通さなければいけないところではありましたが、大変残念なことに2016年3月6日にお別れをしてしまいました。先生はVRの活動を多いに褒め、応援くださっており、次のステージに進む自分をお見せできなかったことは悔やまれます。


 昨年12/8より法人の代表になったため、各所で本名での活動をする必要がでてきており、名刺もメアドも一新する所存です。芸能活動を完全に辞めるかは迷うところではありますが、別の名義の資料を諸々作るほどに今は心を割けませんので、以後は「安藤晃弘」名義にて普通のどこにでもいるVRプロデューサーになります。

長年のご愛顧を、有難うございました。安藤先生の次回作にご期待下さい!
スポンサーサイト
某料亭に行ってきました 

お仕事で、都内一等地にあります、ミシュランガイドで星のついちゃってる料亭に行って参りました。



晃太郎は高級料理店には興味津々です。食は万人に共通の話題で、お客様は形に残らないものに多額を投じて、感動と満足を持ち帰る。料理は芸です。一流から学べるものは非常に多い!こちら料亭はお料理が3万円からでした/(^o^)\ そんなマジックの舞台興行無いよw すごすぎるw 満腹だけなら500円でもできるのにw



それだけの感動を提供していて、それだけの価値を見出したお客様が来る、ってこと。そこに近づくためにどうすればいいだろう。





一流のものになると、芸の本質から離れた所すみずみまで拘りが行き届くようになる。料理で言えば、本質は「満腹」「美味しい」「栄養がある」。本質は本質として突き詰めつつ、その周辺にあるものに拘る。料理の見た目、盛り付けはもちろん、皿、照明、テーブル、調度品、果ては廊下からトイレまで、あらゆる点で一分の隙もありませんでした。



この拘りの拡張こそ芸人の務めだなぁ、と。一流の芸人に至る道程は、ひとつずつ自身の芸に不足しているところを洗練させていくこと。三流から二流になり、やがて一流に至る。いつも限られた時間とお金の中でやりくりするので、優先順位を見極める目が必要になってきます。


ところが多くの芸人は、芸術全般の粋・野暮を見分けられず、つい盲目的に本質の部分だけを突き詰めてしまいがちです。楽だからね。歌手であれば「歌をうまくする稽古」、ダンサーであれば「うまく踊れる稽古」、マジックであれば「不思議に見せる技術、テクニックの修練」。その結果、お客様の感動とは少しズレた所にばかり注力し、掛けた労力に満足し安心してしまう。



そうならないためには、自身の芸から一旦離れて、もっとお客様の視点で、細かく細かく「何に心を動かされたか」を分析するべきです。深い感動を得ることに貪欲になる、そしてその感動がどこから来たかを分析する。よく思い返してみると、存外、芸の本質以外の要素が多いもの。それを繰り返すことで、芸術全般を見る目を養い、その目で自分の芸の不足を見極め、一つ一つ洗練させて行くのです。





…などと思いながら、よく考えるとお仕事で呼ばれただけなので、肝心のお料理を食べていないことに気づきました。これはいかん!晃太郎の芸を更に向上させるために、高級料亭でご飯をご馳走してくれる方を募集しなければ!!



さあ!




質疑応答: 動画文化について 
前エントリの補足です。
ご質問頂いたものを、こちらにて回答していきます。
時間経っても、極力回答しようと思います。

続きを読む »

舞台芸能と動画文化の親和 
一昨日、こちらでパネルディスカッションをさせて頂きました。

パフォーマンスビジネスの未来
かお



パネラー皆様、面白い活動をしている方々で、お話する機会を頂けたのは非常にありがたいことでした。自分としても、昨年から一貫して「有料配信」を推し進めてきたことで思考を整理する良い機会となりました。
実は、二人会『信』を終え、異の世界を終え、配信回数を重ね、かつて考えていたことから軌道修正の必要を感じています。

パネルディスカッションで話した内容をここにまとめ、外部にプレゼンする資料として残しておこうと思いますw


○概要
舞台芸の実演のみでは大きな収入にするのが難しく、常に客席数(キャパ)の設定に悩まされる。
実演を有料で配信することで、実演コストを従来通りに抑えながら収入を大きくすることが可能となる。
望ましい販売方法としては
 ①舞台興行を無料配信する
 ②配信後に少額の寄付を募る
 ③寄付を頂けた方に、視聴可能な付帯動画・DL可能なPDFなどを配布する

と結論づけた。


続きを読む »

現代に生きる古典芸能 
よく手妻を「古典芸能です」というニュアンスでご紹介することはありますが、実は日本において「古典芸能」というのはもうちょっと縛りがキツいものです。国から「これは古典芸能である」と認められたものであり、基本的に形を変えないことが重要となっていて、その点では手妻(和妻)は国による分類では「古典芸能」ではなく「大衆芸能」にあたります。


晃太郎にとっては、変える余地があることは大変重要なことですので、やっている芸能が大衆芸能であったことは幸いです。生きた芸というのは、苛烈な競争に晒され、お客様の喝采に育まれ、常に磨き続けなければ輝きが失われるものだからです。


ただ形を変えることだけが重要なのではありません。多くの場合、見た様だけを変えてしまうと改悪となり、軽薄なものになります。根底にある思想性や古典の持つ魅力・エッセンスを抽出し、煮詰めて濾して、無駄を無くしてぎゅっと凝縮させる。時代の移ろいによりあらゆる芸能は洗練されており、古くから続くものが現代の多くのエンターテイメント、映画やドラマや演劇などと競うには、変えるべき所と変えてはいけないところを見定める眼力が必要となります。


さて本日、こんな動画を投稿しました。



杵家七三先生の邦楽演奏シリーズの新作『綾吊メドレヰ』で、今度は江戸糸あやつり人形上條充さんをお招きして、音色に加え見た目にも楽しめる演奏動画となっています。獅子・牡丹・蝶というのは決まりものですので、晃太郎もチョイ役として出演させて頂くことにしました。これは、楽曲アレンジの福嶋頼秀さんのアイデアを頂いて、のことです。


大変失礼ながら、上條さんの従来の演技に口出しさせて頂き、おいしい所・見栄えのする箇所を集めての構成となっています。本当の見応えは、情緒ある人形の仕草であり、今回の作品のみでは伝わりきらない所もあるのですが……。いや、まずは皆様に知って頂きたく。初めて見た方が、ぱっと関心を持って頂け、楽しめる構成とさせて頂きました。


晃太郎は、大衆の認知度を最重要視します。まず知られること。まず楽しんでもらうこと。それを満たした先で、芸能の奥行きや意味を語るべきで、これが前後しては誰の目にも留まりません。誰の目にも留まらなければ、パトロンもつかず、支援ももらえず、弟子も入らず、芸人の生活が成り立たない。その芸能はいずれ消えてしまうでしょう。どれだけ価値があっても。


動画で知ってもらい、できれば生舞台に足を運んで頂き、西洋のマリオネットにない魅力を堪能して頂きたいところです。

来 月 に い い の が あ り ま す の で ☆



さて、関連して、先週このような単行本が発売されました。
和妻師・一蝶 1 (ヤングジャンプコミックス)和妻師・一蝶 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/09/19)
藪野 続久

商品詳細を見る


集英社グランドジャンプで連載中の「和妻師・一蝶」の一巻です。なんと有難いことか、ついに和妻が漫画本で紹介される時代が来ました!

実は藪野先生からは、連載開始前に相談を受けており、昨年の自主公演にも足をお運び頂いているのです。いわゆる「和妻」というのは、ネットで検索をすれば判ります通り、演じ手は多くいらっしゃいます。しかし、古典芸能として演じているのはごくごく僅か。
晃太郎はご相談を受けたときに、どちらの和妻でお考えかお伺いしました。古典のものか、現代のものか。藪野先生が古典のものをお考えだったようですので、手持ちの資料と、どの書籍に何の情報があるかをお伝えし、数回はSkypeなどを利用して、道具のデザインや型をお見せするなど、微力ながら協力させて頂きました。ついに単行本化ということで、大変感慨深いものです。

時代考証をしっかりと、イラストつきでの解説ということで、「まず楽しめる」ことに加えて「日本に古典奇術が今でも残されている」ということを幅広い層に伝えてくれる、大変に意義ある漫画です。

是非こちらも書店でお手にとって頂くか、ポチって頂ければ幸甚。


動画も漫画も若い方が気軽に親しめる文化です。
まず楽しんで頂いて、関心を持って下さった方はもう少し奥座敷へどうぞ。
手妻(和妻)の世界は「楽しい」ものでございます!!

単行本に似顔絵を頂きました!!
thanks.jpg

藪野先生、こちらこそスペシャルオサンクス!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。