2016 . 08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2016 . 10
[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤山晃太郎、手妻を卒業して普通のVRプロデューサーになります! 
藤山姓をお返しして、今後は安藤晃弘になります。これに伴い、サイト・ブログなどを順次閉鎖して参ります。


 親しい友人には既知のことと思われますが、私は2013年からOculus Riftというヴァーチャル・リアリティ(VR)ヘッドマウントディスプレイに魅せられて、2014年からいくつものコンテンツを発表し続け、大手アミューズメント施設にアトラクションなどを納品し、2015年12月には起業して株式会社ハシラスの代表取締役になるなど忙殺されている次第で、自主公演の主催などはしばらくできずにおりました。

 そんな折、わずか1日、メール2往復にて藤山姓をお返しするはこびとなりました。
これまで可愛がって頂いた芸能界の諸先輩方や、活動を応援下さっている方々には経緯のご報告をしておこうと思います。

 まず、そもそもの芸能に対する意欲の低下を自覚したのは、2014年の1月に一門の段位札を目にしたときです。
 2012年ころまでは、藤山流、といいつつも、名取の弟子は皆辞めており、師匠のお嬢さんである藤山すみれさんは全く芸能業から遠ざかっていて、弟弟子の大樹は名前を取っておらず、藤山は師匠と私の2人きりという状況でした。私は、藤山新太郎師匠が興した流派を自分の代で受け継ぎ、より大きく発展させようと、新しい手順の制作や全て生演奏の公演など多くの挑戦をしていました。
 仕事が少なく、生活は苦しくとも、自分が辞めると言ってしまっては未来に全く残らなくなってしまうのではと、真剣にこの芸能の将来を憂い、様々なアプローチでその認知度を高めていた頃でもあります。TVやSNSや動画投稿サイトを通じて、「手妻」という言葉(若干の補正があるもののw)を広めることには、大きな役割を果たしたと自負しています。

 藤山大樹の名取を控えた2013年初頭に、突然に師匠は「師範免許」という、弟子に師範免状を与えることで指導認可を与えるシステムを思いつき、それにより数十万円の出費を弟子に負担させることを提案してきました。私は、その当時すでに数名に指導は行っており、その提案を受ける金銭的な余裕もなかったため、「私は師範免許はとりません」と申しておりました。
 その後、2013年11月に藤山大樹の襲名披露があった際に、広島の池田政人さんという方も藤山仙寿の名前を取り、合わせて池田さんの生徒に当たる十数名にも藤山姓を配っておられました。

1108.jpg


 その後、一門の名札が入った道場に飾るような額を師匠は買ってきて、事務所に飾り、2014年の新年会などで来客に披露していたとのことです。私がそれを知るのは少し経ってからなのですが、その額の序列は、宗家・藤山新太郎、師範・藤山すみれ、師範・藤山大樹、師範・藤山仙寿、と並び、その次に私(肩書は忘れました)、それから聞いたこともない藤山某が続く、となっておりました。これについて、特段の事前の示し合わせや会合などはなく、ある日そのような状況になっていたのを目にしたという感じでした。
 この時、ああ、自分が守りたいと思っていた金看板はもう無いのだなぁ、と思ったのをよく覚えています。藤山流であることは誇らしいことと思っており、そのブランドをさらに輝くものにしようと思って続けていましたが、面識もない大勢が藤山を名乗り、実質芸能をやっていない方、お金を払って師範免許を持った方が自分より高位にいて、その様をもって「藤山流は安泰だ」というのであれば、気張って自分がこの流派を背負う必要はないな、と自分の気持ちに一区切りをつけたところでした。

 この頃からまるで自分の心を映すように、入れ替わりでVRの活動が非常に高い評価を受け始め、常設アトラクションとしての納品や有馬記念イベントでベルサール秋葉原で1週間の興業など、奇術の世界とは比べられないほどの規模になっていきました。最先端技術に触れ、超一流の経営者・開発者・アーティスト・ディレクターと肩を並べてのもの作りは、かつてない刺激的な体験で、益々VRに惹きこまれていきました。
 今は、サンシャイン60展望台のリニューアルオープンの目玉企画を手がけ、常設VRスタジオを都内に構えようとし、2016年前半の受注だけで5千万円を超える売上の活動となっており、日々新しいことを学び、挑戦を続けています。



 翻って、一門の様子を見るに、大樹くんは元々の素養もあり国際的な賞を獲り活動の幅を広げてはいますが、それ以外だれも発展的な活動ができていない状況です。芸能の世界で、停滞は後退と同義です。自分自身も、制作・稽古の時間の多くをVRに割いており、とても「本業は手妻師」と呼べない状況になりつつありました。

 そんな折、師匠から仕事の依頼があり、その流れで一門を離れることになりました。

 経緯としてはこうです。
・私の仮の仕事が入っている日程に対して、「出演分・後見分まとめて支払うから先に入っている仕事は切ってくれ」と師匠から依頼がありました。(もちろん断ることはできません)
・受けたあとになってから提示された金額は、1回の出演分に満たないわずかな額でした。
・その後に、さらに値下げと追加の演技の要望がありました。
・それに対し、「お請けさせて頂きますが、今は多忙を極めています。弟子であってもあまりぞんざいに扱わないでもらえないでしょうか」とお願いの連絡を入れる
・破門を言い渡される
…とまあ、15年ほどかけて深めたご縁がこんな形でご破産かー、と、師匠にとって自分がその程度であったなら、これもいい機会だなと、離れさせて頂くことにしました。
 おそらく、奇術界において私と師匠の不仲などは一度として噂されたことは無いでしょうし、事実定常的なトラブルは皆無の状態でしたが、なぜかこのような仕儀となりました。
ま、しょーがないっすね。

 以上は私の観点であり、師匠は……元師匠は、元師匠で何か思うところがあるのかもしれません。気になる方は、両方のご意見を伺ってみて下さいませ。


 私が弟子入りするにあたって、後見人になってくれたのは、『頭の体操』『レイトン教授』の多湖輝先生でした。藤山流を辞めるということは多湖先生に対してきちんと筋を通さなければいけないところではありましたが、大変残念なことに2016年3月6日にお別れをしてしまいました。先生はVRの活動を多いに褒め、応援くださっており、次のステージに進む自分をお見せできなかったことは悔やまれます。


 昨年12/8より法人の代表になったため、各所で本名での活動をする必要がでてきており、名刺もメアドも一新する所存です。芸能活動を完全に辞めるかは迷うところではありますが、別の名義の資料を諸々作るほどに今は心を割けませんので、以後は「安藤晃弘」名義にて普通のどこにでもいるVRプロデューサーになります。

長年のご愛顧を、有難うございました。安藤先生の次回作にご期待下さい!
スポンサーサイト
8/31(土) おででこでん@横浜にぎわい座 はじめました 
…いや、だいぶ前から始まってるんだけどね…。

ちょっと体調崩してて、自分にやさしくしてたら、チラシ発送6月頭から7月末になっちゃった☆ てへっ☆ (まだもうちょっと未発送残ってるorz)

考えてみれば、出来上がったチラシを掲載し、オフィシャルに情報発信してる場がない。
…なかったので、facebookにて、晃太郎の芸人としての活動を告知していく場を設けました。アカウントお持ちでしたら、いいね!押しといてください。

手妻師 藤山晃太郎 のオフィシャル活動FBページ


 

●公演情報
2013年 8月31日(土)
17:30 開演 (開場は30分前) 約90分公演
中学生以上 3,500円  中学生以下 1,800円
出演者: 藤山晃太郎、藤山大樹、三益紋右衛門、からくり人形工房スタジオぎえもんより、「品玉人形」、杵家七三社中

●お申込み
今回、手元にチケットがありませぬ。奇術協会に直接申込みでお願い申し上げます。
(公社)日本奇術協会
TEL: 03-3361-5221(平日13~17時)  FAX: 03-3361-6321
MAIL: mom@magic.or.jp

●見どころ
全編が生演奏で進行、ご存知、杵家七三社中のお仕事。また、『峰の桜』をアレンジした新作を出します。あと、からくりを口上・音曲つきで披露し、関連した芸を行うところは必見。そして!例のでかい輪っかを出します!来てねー。
↓これ


●その他
物販で、からくりの名著『機巧図彙』を復刻して出します。和綴じの、かつてあったのとそっくりの装丁です。その他、最近充実してきた手妻師グッズをどーんと。


もっと気軽に、気楽にtwitterもブログも更新すればいいんだけどねえw 手妻師マジ奥ゆかしい。仕方ないね。


あ、あと明日の夕方なんですが、ニコ生でます。よければこちらも御覧ください。ではでは。
撮影のお手伝い 
最近、某動画投稿サイトで「スペシャルエグゼクティブスペシャルチーフアドバイザー」と呼ばれ始めました。

元凶はコチラ→


いやいやいや、アドバイザー、なんて偉そうなものじゃないです。ただ、目の前でスゴイ芸を見たいのです。いち視聴者として、「こんなのがあったら見たい!」と思ったら、実現に向けて自分がお手伝いできることはしたいじゃないっすか。

そんな訳で、突発でこちらの撮影お手伝いをしてきました。


今回は、今まで以上に全く僕は役に立ってないよw 動画がすごいなと思ったら、それは謳歌くんの才能です。こちらも役得!役得!
撮影スタジオをお借りさせて頂いたガジェット通信様に、心から感謝。

それともう一つ。スパ帝の作ったゲームで対局、ってエントリ書いて頂けました!
スパ帝国「手妻師と対局!メックアリーナ2013(その1)」

こちらも、「どうやったら対局ゲームを面白い動画にできるか」に挑戦しています。うpはだいぶ先になりますが、ご期待を!


七三先生も、糸あやつりの上條さんも、鬼太鼓座さんも、侍MMDも。終日のPV撮影で苦労が無いといえばウソになるのですが、そんなものが軽く吹き飛ぶすっごい芸の数々です。

今、僕は同人サークル和妻悉皆屋を主催しており、和文化全般を色々な手で推進しておるのですが、そこに所属の強壮なるメンバーがいつも手伝ってくれています。ちゃっかり今回の撮影にも人手を借りてしまいました。もはや何サークルなんだかw
メンバーには、けっこー大変な労働をお願いしてます。でも、それに見合うだけの、ハイクオリティなものを用意しようといつも考えています。情報先取りしたい、手伝ってみたい人は参加申請よろ。


素晴らしい技や芸を持っていて、披露するチャンスを探している人がいる。それは芸能としてもそうだし、撮影技術でも編集技術でもそう。そういう人を数名、うまくお互いの気持ちが一致する形で出会わせると、いーい化学反応が起きる。それが見たいから頑張るのだ。

今週末も、面白い…過酷な撮影をやってきますw 楽しみです!
お狐さま手ぬぐい プロデュース 

藤山晃太郎プロデュース手ぬぐい第2弾!おとうと弟子のために一肌脱ぎました!

今回は、コンセプト固めを晃太郎が、デザインをHacotan*さんが、イラストを土師ノ軸丸さんが行い、超絶面白いものができました。

「手妻尽し 手ぬぐい」 2,000円

まずこちらが第一弾、各種イベントですでに販売されている晃太郎の手ぬぐいとなります。
こっちは、晃太郎の使う道具をあしらいつつ、「日光(=晃)」を意味する「牡丹花下睡猫児」を入れ、柄の中に「て」「づ」「ま」「し」の隠し文字を入れています。
この時の制作経験を活かし、さらなる工夫を手ぬぐいに盛り込んでみました。でき上がったのがこちら!

「お狐さま 手ぬぐい」 2,000円

藤山大樹(たいじゅ)の名前に相応しい、大木をイメージした柄に。狐のお面と鳥居があって、静謐な中にユーモラスな雰囲気を感じさせます。
これは、大樹の得意芸、「七変化」のモチーフとなっている、狐の変化と、彼の名前のお披露目として長く使えるものを、というチョイスです。日本橋で創業から140年続いている老舗、戸田屋商店の職人による梨園染です。ひとつひとつ、わずかーに風合いが異なっていて、非常にぜいたくな仕上がりとなっています。

…で、ここからが面白いのですが、これをたたんで袋に入れると……


 なん……だと……!!

あらふしぎ!狐面をかぶった和装の男が現れる、というだまし絵になっているのです。狐にだまされてみたい方、おひとつどうでしょう。

岐阜でのイベント「おででこでん」では、これら手ぬぐいを販売します。ご来場予定の方、是非。また、演者に会う予定があるなら、直接の方が喜ばれるでしょう。
送料がかかってもいい、いま欲しい、という方に向けて、期間限定・個数限定にて、先行予約を実施します。

詳細は、サークル和妻悉皆屋の当該エントリから!


まーね、そりゃこういう商品作って儲けてやるぜふっへっへ、という気持ちが無いわけじゃないですよ。ただ、それ以上に、「ひとつ自分が持ちたい」ってのが芸人の気持ちです。でも一個作るなら、「一門や仲間にプレゼントしたい」「欲しい人にはお分けしたい」となる。そうすると、やっぱ100個くらい作って販売となっちゃうんですよねw
すみません、2,000円というのは手ぬぐい買うにしちゃあ高いと思われるかもしれませんが、モノはそれに見合う、素晴らしいものです!
ぜひぜひ!


…最近、手ぬぐい作りがスキルアップしてきましたw 作ってみたい人いたら、公演後に相談に乗りますよw
TEDxTokyo アマチュアリズムへの不満 
本日5/11に、TEDxTokyoに出演してきました。
http://www.tedxtokyo.com/

TEDは、テクノロジー(T)、エンターテインメント(E)、デザイン(D)が一体となって未来を形作るという考えに基づき、「広める価値のあるアイデア」を共有、という理念で活動されています。

世界中で行われている、文化人による一大プレゼンテーション大会。過去の出演者には故ジョブズやクリントン元大統領などが名を連ねています。その東京版として、渋谷ヒカリエで開催され、トップバッターでした。

共演の皆様も非常に面白い経歴・実績をお持ちの方ばかりで、素晴らしい機会でした。日本の独自の文化の担い手として参加し、世界中に発信できたことは光栄です。


しかしながら。


まったくもって残念なことに、晃太郎はこの企画に関わることで、ここ数日非常に大きなストレスに見舞われました。度重なる運営の不手際と不義理に、怒りのあまりに目がくらむような思いの連続でした。何度も、出演を辞退したい衝動に駆られました。

それは期待の裏返しだったと思います。素晴らしい場だから、最高のパフォーマンスをしたい。それを実現させてもらえない苦しさ。世界中に自分の惨めな姿が晒されるのではないかという恐怖。

このエントリは「抗議」とするべきか「批判」とするべきか、色々悩みましたが、最終的に「不満」とすることにしました。これから出演される方、特にパフォーマーに向けて、このような気持ちを抱えて出演した者がいたことを残しておきたい。


●前記
通常、出演の場を頂いたことに対し、どのような不満も晃太郎は発信しません。仮に興行主や主催からひどい待遇を受けたとしても、愚痴をこぼしたり、ましてネットでの拡散を図るようなことはしたことはありません。これからも絶対にしないでしょう。
世界中に容易に情報が伝わることも判っていますし、自分の影響力が小さくない状態になりつつあることも、自覚していますし、何より芸人としての分をわきまえています。しかし、このTEDという会は、出演料を頂いて出演する場とは決定的に違い、主催と出演と観客が等しい立場で価値を共有しあう場だと思っています。この素晴らしさを広めるのも価値あることだし、ひどい目にあったことを広めるのも価値あること、と判断しました。


●TEDのアマチュアリズム
TEDは100%ボランティアで運営されています。裏方も表方も対価を得ない代わりに、互いのリソースを持ち寄って素晴らしい場を作ろうということになっています。
例えば、TEDxTokyoに出演する前に、TEDxTokyoTeachersという会に出演させて頂きました。この時は、テクニカルスタッフ(音響照明など)が、ソデでビールを飲みながら運営している、という状況でした。いいね、アットホームで、楽しそうで。
今回のTEDxTokyoも、スタッフの専門性が低いためか、度々の問題がありました。問題はどうして起こるのか、何度考えても行き着くのは「アマチュアだから」ということでした。


●今回の問題点
晃太郎が問題だと感じた所を列挙します。読み易さを考えず、思い出せる限り。

1. 出演者の基本的な動きが判らない
重要なのは、「いつからいつまで」「どこに」いなければいけないか。この基本事項が、全く伝わってきませんでした。また、こちらからリハーサルは16:30以降しかできない、と伝えていても、14時にお願いします、と回答が来る。一体、どのような情報共有になっているのか。こちらからの情報提供はフォーム送信となっているが、フォームの送信ログが返ってこないため、こちらの送ってしまった情報を確認することができない。(送った後に控えてないことに気づいても、どうしようもない) 一体誰がその情報を得たのかが判らず、すれ違いばかりでした。
当日の移動経路を確認していて、口頭で「こうやって来て下さい」と指示された場所に来てみると、封鎖されていて通れない。スタッフもいない。そもそも、どのスタッフを頼ったらいいのか、事前通達がない。受付で名札を受け取れと言われていても、現場入りしたら受付自体ができていない。どうしたものやら。
本番直前、「30分前にソデにスタンバイして下さい」と書いた紙が、本番30分前にやっと楽屋に到着。そのとき初めて、現場までのアクセス地図が載っている紙をもらいました。なんだよこれorz とにかくまず、紙を事前に送れよ。あと貼り出せ。それだけで伝わるんだから。

2. 確認が足りていない
今回、晃太郎が最もブチ切れたのは、急な発表内容の変更を強いられたことです。今回の内容はすでにTEDxTokyoTeachersでやったのと同じ資料、同じ内容で、それを見た方からのオファーだったので、運営側は熟知しているものと思っていました。
また、事前にワークショップに参加し、その発表そのものをトップの方含め複数スタッフにも見てもらっています。その時に指摘を受けたことは「英語でやった方がいいんじゃない?」ということだけでした。
出番を確認する際、必ず「どのくらいの時間」「どんな内容をやるか」を晃太郎は確認しています。明確なメール履歴として、「出番の時間は10分(演技6分半、プレゼン3分半)」と了承を取っていたにも関わらず、前々日になって「内容は6分でしたよね、時間オーバーしないように」という連絡が来ました。はっきり言って、確認不足が過ぎます。その認識違いに気づける機会は、何度も何度もあったのではないでしょうか。
晃太郎は英語が得意ではないので、友人を頼って薄謝を渡し、英訳してもらいました。それもただの訳ではなく、社会思想に偏りがあるような印象を与えてしまう言葉、レイシストと勘違いされかねないニュアンスなどを修正し、二人三脚で作り上げた英文原稿を、クッソ忙しいところ多くの稽古時間を割いて暗記している所でした。それを半分にしろ、無しにしろ、パフォーマーはみんな6分と決まっている、と前日に云われたときの気持ちたるや。
で、「過ぎたことはいいから、ともかく前向きに問題を解決しようぜ」とか云われちゃう始末。ハハッ!!そうですよね!!どうでもいいことゴネて失礼しました!!
結局、慣れた日本語で1分にまとめてプレゼン資料を全てポイっと棄てました。
これで怒らないなら、芸人やめて聖人やってます。

3. 出演者のケアが足りない
マジックには楽屋がどうしても必要であることを説明していたにも関わらず、他の発表者との入替え制にされていて、入替え時間は適当に決められていました。また、楽屋の中には当然のように飲料・ケータリングはありません。当日の進行の掲示もありません。もし「ここはTEDです。発表者も参加者です、特別な存在じゃありません」などと、云われたらハアそうですね、と返すしかないのですが、ボランティアスタッフに対する飲食のケアは万全にできていました。スタッフのために置いてある場所から勝手につまんで食べろ、ということであろうと見当はついていましたが、発表者に対する意識が低すぎるのではないでしょうか。
ちなみに発表者全員に送付している資料には「エスコートを用意しておりますので、あとはお任せください。この日は一日私達と過ごすつもりでいてください。…でないときっと後悔しますよ。」とまで書いてありました。運営を信用して、この文言を鵜呑みにしない方がいいと思います。自分の身は自分で守るよう、特にパフォーマー様はよく留意された方がいい。…でないときっと後悔しますよw 相手はシロートさんです。

4. 舞台進行の文化に差がある
これはどちらの問題とも言いがたいところですが、舞台進行にも大きなストレスを感じました。マジック界では少なくとも、キューシートを提出し、舞台打合せをして、その流れにそってキッカケ確認をし、ゲネをやる、というのが基本の流れになっています。ところが現場についたら、「さ、じゃあどうぞ、やってみて」といった感じ。こちらがまずキッカケ確認をしたいと要望を出しても、「それはやりながらで。時間押してるから」という調子。
パフォーマンスをしないスピーカーにとっては、照明などは重要でないから、お任せの方がストレスは無いのかもしれないですね。ただ、晃太郎の芸のいくつかは、非常に繊細です。舞台で芸を披露するということを安易に考えられるのは、非常に苦痛でした。ついでに、舞台で使う道具も勝手に触られて迷惑をしました。


●アマチュアとプロの役割
不平不満を大爆発させましたが、これら全て、主催がイベント企画のシロートさんだから起きていることと思います。なにしろ、5年もやっていてコレです。アマチュアだから、という目で見守ってあげないと可哀想だ。
このやり方をTEDは貫いてきて現在の成功があるということは、きっと晃太郎が古臭く、頑迷で神経質で意固地で口うるさく、良くないやり方をしているのでしょう。ゆるく仲良く、厳しい指摘をし合わないことでお互いを高めあえるとか、そんな感じなんでしょう。

舞台に立って何かを発表するというのは、どうやったって演者と観客は非対称になります。同じ立場になるのは不可能です。10万人の客を前に10分話すということは、100万minの時間をもらうことと同じ。演者には重大な責任があります。だからこそ、演者は特別であるべきで、十全にケアした上で最高のパフォーマンスを発揮してもらうべきだと晃太郎は考えています。ひとつひとつ確認し、手戻りがないように決定し、円滑にイベントを回す。それには熟練の、プロのスタッフの力が必要なんじゃないでしょうか。
ボランティアで運営されているのを誇るのは大変結構ですが、裏方、特に事務のレベルが酷すぎる。要職にプロを入れて欲しいところです。

価値ある大きな事業を行うのにお金をかけずにできるんだろうか。晃太郎はそこに甚だ懐疑的です。自分の芸は、道具ひとつとっても指物師、塗師、蒔絵師の一流のプロの合作で、舞台となれば音響照明、演奏家、すべてがプロのコラボレーションです。だから価値ある興行ができる。今日の舞台を演出するのにも、通訳にお金を払い、演奏家は自腹で雇ってます。
あ、「持ち出しがイヤなら出るな」ということでしょうかね。100%実情を知っていたら、オファー頂いても断ったかもしれないですが、今回は正直言って企画の魅力に負けました。でもいつまでもタダで使えると思うなよ^^


●一応のフォロー
引率を引き受けてくれた加納さんには物腰柔らかく、細やかにご配慮を頂きました。通訳の佐藤さんも、精神的なケアまで含め、非常に助けられました。この二人がいなかったら、出ないで帰ってました。心から感謝してます。
あとはまあ、未来につながるかどうか判らんけど、世界中の文化人に藤山晃太郎を披露できたことは、非常に嬉しく名誉なことでした。また早速、動画を上げて頂いてありがとうございます。営業に使うわ!ギャラのいい仕事とれたら今回の件をチャラにしてやるぞ。




教訓めいた結論はありません。「僕は不愉快でした」という程度の内容に長々とお付き合い頂き、有難うございますw

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。